大学受験 日本史 国公立2次試験向け 理解度チェックリスト(古代5・中世1) 【大学受験お役立ち】

1. 律令支配の基盤であった戸籍・計帳の制度が崩壊して行く過程を、崩壊の理由と再建策に触れながら説明できる。

2. 10世紀に構築された新たな地方支配体制を、国司の変容とその利権・責任という面から説明できる。

3. 受領の地位が利権化した結果として、国司層が行った行動を説明できる。

4. 寄進地系荘園の成立過程を説明できる。

5. 公領(国衙領)の成立過程を説明できる。

6. 不輸・不入の権の内容と効果を説明できる。

7. 武士の出現と武士団形成の経緯を説明できる。

8. 武士の家の構造を説明できる。

9. 平将門藤原純友の武力基盤を説明できる。

10. 武士が成長していった理由を、中央貴族の関係と地方における国衙との関係から説明できる。

11. 東国の三つの争乱を通じて源氏が武士の棟梁として成長していった過程を説明できる。

12. 後三条天皇摂関家にはばかることなく荘園整理を断行できた背景を、外戚関係や人材登用の面から説明できる。

13. 荘園と公領の同質化について説明できる。

14. 院政開始の背景やねらいについて説明できる。

15. 院政摂関政治の経済基盤の共通点と相違点を説明できる。

16. 院政期の造寺造仏と成功の関連性について説明できる。

17. 知行国制度について説明できる。

18. 強訴が武士の成長に果たした役割を説明できる。

19. 奥州藤原氏の経済と文化の独自性を説明できる。

20. 保元の乱の背景と経過に着目して、その歴史的意義を説明できる。

21. 平治の乱の背景と経過に着目して、その歴史的意義を説明できる。

22. 平氏政権の貴族的性格と武士的性格を説明できる。

23. 平氏政権の経済的基盤を説明できる。

24. 院政期の文化について、時代背景や担い手の変化に着目して説明できる。


ツイッターbot

「日本史 受験基本用語bot」→ https://twitter.com/botby11

「日本史 受験標準用語bot」→ https://twitter.com/botby12

「日本史 私大受験用語bot」→ https://twitter.com/mastedtei

「日本史 雑学・小ネタbot」→https://twitter.com/botby13



【解答例】


1. 有力農民も貧窮農民も浮浪・逃亡などさまざまな方法で負担を逃れようとし、偽籍が横行することによって、籍帳による支配が困難になった。9世紀には班田のサイクルの延長や直営田の経営など、律令支配の再建築がはかられるが、国家財政の維持は困難になっていった。

2. 徴税対象を人から土地に変え、国司最上位者に一定額の納税を請け負わせる(←義務)かわりに、一国の統治を委任(←利権)する体制ができあがった。

3. 成功・重任といった売位売官と遙任。

4. 国司の徴税攻勢から逃れようとした開発領主が、荘園を中央の貴族に寄進して、権力者を領主としてあおいだ。

5. 国司は開発領主の土地を郡・郷・保に再編成して、開発領主を郡司・郷司・保司に任命して徴税を請け負わせた。こうして成立した公領は、目代や在庁官人に管理された。

6. 不輸は免税特権で、太政官民部省に認められた官省符荘と、国司に認められた国免荘があった。不入は検田使の立ち入りを拒否できるもので、田地の把握を困難にさせた。

7. 開発領主などの地方豪族や、土着した国司の子孫が勢力拡大のために武装して紛争が頻発した。その鎮圧のために中央の下級貴族が押領使・追捕使として派遣されたが、こうした貴族も在庁官人などとして土着して武士となり、地方の武装集団(紛争してた人)を取り込んで武士団を形成していった。

8. 武士の家の中核は、主人とその血縁である家子であり、彼らは在地の小領主である郎党(・郎従・家人)や、さらに下級の下人・所従を従えていた。

9. 桓武天皇の子孫である桓武平氏は、坂東諸国に土着して在庁官人となって、在地領主として勢力をのばし、その貴種性や勢力基盤が平将門に受け継がれた。伊予掾となった藤原純友は任期が終わっても帰京せずに土着し、瀬戸内海の海賊の棟梁となった。

10. 中央では滝口の武者や貴族の身辺警護(侍)として奉仕した見返りとして保護を受け、勢威を強めた。地方では、朝廷が地方の治安維持を武士に委ねたため、武士は国衙の軍事力ないしは追捕使や押領使として地方の武装集団を取り込んでいった。

11. 摂関家と結びついて勢力を拡大した源頼信が、平忠常の乱を鎮圧して源氏の東国進出の契機をつくり、その子の頼義は陸奥守・鎮守府将軍として東国の武士を率いて、前九年合戦で安倍氏を滅ぼした。その子の義家は、後三年合戦を平定したのちに私財をもって武士に褒賞をあたえて、関東武士の信望を高めた。こうして源氏は東国武士団との主従関係を強化して、武士の棟梁としての地位を確立した。なお義家は、のちに院の昇殿を許された。

12. 摂関家との外戚関係をもたない後三条天皇は、反摂関家の受領層や、大江匡房などの学識に優れた人材を登用して、摂関家をも対象とする荘園整理を実施した。

13. 延久の荘園整理令によって荘園と公領の区別が明確になったものの、公領を管理する在庁官人や郡司らは公領を自らの領地のように管理した。また、在庁官人などは世襲化して、公領はあたかも国衙の私領のようになった。

14. 摂関家の影響から距離をおいた天皇は、自分の子孫に皇位を継承させようと考えて、院政を初めた。やがて、院は法や慣例にとらわれずに、天皇を後見する立場で政治の実権を掌握した。

15. 摂関家の経済基盤が官人としての給与と荘園にあったのに対し、院の経済基盤は荘園と知行国にあった。両者ともに、成功による収入もあった。

16. 六勝寺などの造営費用を調達するために成功を用いたため、売位売官の風潮がさかんになった。

17. 有名無実化した俸給にかわり、一国の支配権を上級貴族に与えて知行国主とし、その国からの収益を取得させる制度。

18. 朝廷は強訴に抗することができず、武士を用いて鎮圧や警護にあたらせたため、武士の中央政界への進出をまねいた。

19. 藤原清衡は、北方で産出する金や馬などの産物をもって京都の摂関家と結んで、阿弥陀堂など京都文化の移入につとめた。

20. 鳥羽法皇の死後に皇室内の対立と摂関家内の対立が表面化した。武士を集めた崇徳上皇に対して、後白河天皇平清盛源義朝らの武士を動員して、崇徳上皇を破った。これにより、貴族社会内部の争いも武士の実力で解決されることが明らかとなった。

21. 院政を始めた後白河上皇の近臣の間に対立が深まった。近臣の1人の藤原信頼源義朝と結んで近臣の藤原通憲を自決に追い込んだが、平清盛に滅ぼされた。これにより、武家の棟梁としての清盛の地位と権力が急速に高まった。

22. 貴族的性格としては、後白河法皇に奉仕をして高位高官を独占し、天皇家外戚関係も結んだ。武士的性格としては、西国武士団を組織化して、家人を荘園・公領の地頭に任命した。

23. 知行国と荘園と日宋貿易

24. 武士が新たに台頭してきたため、中央の貴族は地方の武士や庶民の姿に関心を示すようになった。そのため、この時代の文化は地方文化を取り入れた新鮮で豊かなものとなった。また、武士も文化の担い手となり始め、中央の文化が地方にも伝播した。

閲覧数:7回0件のコメント