top of page

江戸時代のイメージ【実録! 思考力を鍛える日本史003】

なお、再構成した「わいるど編」はこちら



のぶた先生:

「今日は、江戸時代の服をデザインしてもらいま~す。色鉛筆やクレヨン、絵の具など使って、プリントに描いてある江戸時代の人たちの服に色を塗ったり、模様をつけたりしてみてください。では、みなさんがイメージする江戸時代を絵で再現してみましょう。江戸時代に流行ってそうな服ですよ~。」




Aさん

「ポイントとしては、男の人のほうはこんな感じかなと思って。よく江戸時代のCG写真とかが出てくると、こんな感じの服の色の人がでてくるので、だからこんな感じにしました。左は、赤地に花というのが、やっぱり江戸時代の服装なのかなと思って。」


のぶた先生

「なるほどね。」



Bさん

「男の人の絵は、位が低い。ちょっと粗末な感じに着物を着せて、女性の方は、あのー、なんか、江戸時代ってちょっと厳しかったから、なんかこんなふうな感じがいいなっていいなってやつで、花柄にしました。」


のぶた先生

「厳しくて着れなかった服をあえて着せてあげたんだね。Bさんが着せた衣服をデザインしてくれました。優しいですね。」



Cさん

「男性のほうは、なんか、江戸時代は農民みたいな感じで木綿を来させて、つぎはぎもある感じ。女性の方は、京都とかの舞妓さんじゃないけど、明るい色を使って、もっときれいに飾っている感じをだしました。あとは個人的に、農民と町民を区別させたかったみたいな。。。」


のぶた先生

「農民と町民の区別を意識しながら、しかも意識しながら銀杏と楓というふうに、葉っぱの選択にも工夫がありますね。お帯にはうぐいすですか。うぐいすを書くなら、飛び込むカエルも書いてくれると嬉しかったって感じかな。だれもカエル柄の人がいないね。カエル柄にはしてくれないの?みんな。」





のぶた先生

「バーチャル背景に隠れているけど、赤っぽいですね。内側は青かな。


Dさん

「男の人のほうはできました。歌舞伎の人みたい。歌舞伎の人って赤と黒のイメージだったから、赤と黒をメインにしました。」



Eさん

「ぜんぜん描けてないけどねえ。。。まあ、いけるっしょ。女子は終わった。一個だけ桜をまぶした。昔って赤のイメージがあるけど、それを飛び越えた青とか、紫を使ってみました。」


のぶた先生

「昔を超えるってことですね。」


Eさん

「そゆこと!」





のぶた先生

「女の人も描いてくれました。キレイですね。はい、じゃあ江戸時代っぽいポイント教えてください。 」


Fさん

「えっとまず。男の人は切腹中で……」


のぶた先生

「切腹中!!!?? あ、ホントだ!今気づいた!今気づいた、包丁がある!」


他の子たち:大爆笑


のぶた先生

「……いやいやいやいやいや。 いや、そ、それファッションなのか!?はい。


Fさん「えっとそれで、見返り美人図の人、浴衣っぽい柄にして……」


のぶた先生

「ふんふんふん。」


Fさん

「花火でも後ろにあるような感じにしました♡」


のぶた先生

「ああ、なるほどね。浴衣のイメージで、後ろに花火がある。なんといっても……いや男の人のね。あの白装束で切腹に目がいって、女の人に目がいかないね、それ。」


別の子

「わけわかりません。」


なお、再構成した「ものがたり編」はこちら

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page