top of page

史実で楽しむ 光る君へ解説 ep 16「おごれる者たち」


では、エピソード16「おごれる者たち」を楽しむ解説うさー



【動画版はこちら】


女性たちの住まい

最初に、詮子姉さんが「内裏の外の職御曹司」に遠ざけられたうさ

職御曹司は内裏の東北にある区画で、大臣や納言がお仕事したり、お泊りしたりするところうさ

ドラマでは、その後993年に場面が飛ぶけど

その間に詮子姉さんは、兼家と結婚前の道長兄弟が住んでいた東三条殿に住むようになるうさ

そんで、「東三条院」という史上初の女院号を受けているうさ

なお、職御曹司は、この後おねショタ定子ちゃんが、ふんふふーんで、ふんふふーんの後、

内裏に入れなくなったときに住んだところでもあるうさ



『枕草子』にもおねショタ定子ちゃんが職御曹司に住んでいたころの話があるうさ

ちなみに、ドラマで中宮となったおねショタ定子ちゃんが「登華殿」を御所としたという説明があったうさ

おねショタ定子ちゃんは、登華殿を御所としつつも清涼殿の上御局で寝泊まりしたらしいうさ

清涼殿は天皇の寝室件仕事場で、上御局は寝室となりのキサキの控室なので

今でいうと、自社ビル最上階の社長室の隣の部屋に奥さんが住み着いているかんじうさ


道長のお仕事

道長がおねショタ姪っ子定子ちゃんの生活費予算関係の書類で頭を悩ましているとき

道長は「だいぶさま」と呼ばれていたうさ

これは、道長は定子が中宮になったときに、中宮職の長官に任命されたからうさ

その長官の名前が、中宮大夫うさ

中宮職とは、皇后(中宮)・皇太后・太皇太后に仕える官司うさ

だから、姪っ子定子ちゃんの部屋の飾り付けなんかに

道隆兄ちゃんが「愚民どもから集めた税金使おうぜ」って言ってきたので頭を抱えていたうさ

今でいうと、総理大臣の娘の部屋にファンシーなぬいぐるみを溢れさせるために消費税をぶっ込むようなものうさ



うざけんなゴルァ!!

なお、大河ドラマでは、道綱が道長に怒られていたけど

道綱は、このとき中宮権大夫だったうさ 道長の部下ということうさね

今でいうと、弟道長(約24歳)が課長で、兄道綱(約35歳)が課長補佐という関係うさ

それでも、道長のあの言いよう。。。どんだけ、、、うさ


道兼の被害者仕草

バカ兄弟道兼が「オレは父のために手を汚したのに、裏切られた~」的に被害者仕草を全開にしていたうさけど

最初、勝手にまひろママのちやはを殺したのオマエだろ!

それが兼家家失脚の可能性もあるひどいスキャンダルだったから、兼家が尻拭いしたことを

バカ兄弟道兼はもう忘れたうさか????

だからオマエは汚れ仕事専門になったうさよ

自分で始めた物語なのに全力被害者仕草するうさか!?




ブラックロバート実資

ロバート実資の束帯が黒になっていたうさ

束帯の色は決まっていて、六位が麹塵(緑系の色)で、五位が赤、四位以上が黒うさ

ロバート実資は四位にもかかわらず、これまでずっと麹塵の束帯を着続けていたうさ

その理由を前の動画「光る君へ第3回のみどころ」なんかでは

ロバート実資が色黒すぎるから、黒が似合わなかったからかもと言ったり

ロバート実資サイズの黒束帯がなかったんじゃね?とか考えていたけど

ハズレたうさか??

もしかして、黒服に黒顔で、ロバート実資の目の白さを際立たせるためうさか!?


おねショタ定子ちゃんと唐物

「わたしバカでいいや~」と思っていたおねショタ定子ちゃんは、姑の高階貴子から青磁の唐物(中国からの輸入品)をもらっていたうさ

これは袴腰香炉で、どうやら13世紀のものらしいうさ



まあ、そのへんのドラマ制作者のやむを得ない都合はおいといて

あの時代の貴族は、競って唐物を欲しがっていたうさ

ロバート実資は、北部九州の香椎宮の宮司や、高田牧司からたくさんの唐物の進物を受け取っていたことを日記に書いているし

2年後に、おねショタ定子ちゃんは、若狭に来航して越前に移された朱仁聡が持ってきた唐物を入手しているうさ

朱仁聡は大河ドラマが始まる前からキャスティングが発表されているし

おそらく、為時やまひろにとっても重要人物になると思うから

995年は(他にもいろいろあって)、大注目うさよ


藤原頼宗

今回、源明子のお腹の中にいた子は頼宗うさ

頼宗は乱暴者で手が付けられない大人に成長?しするうさ

1027年、賀茂祭のとき。字が上手な藤原行成は賀茂祭の運営を監督する役目を負っていたうさ

ところが、頼宗がみんなの行列に割り込んできたうさ

行成は役目上、頼宗を注意しに行ったけど、

頼宗は一切聞かないどころか、行成の従者の狩衣を破ったり、刀を抜いたりしたうさ

今でいうと、皇族出席のセレモニーを警備している警視庁長官に銃口を突きつけたようなものうさね

1012年、ロバート実資の随身は頼宗の従者からひどく侮辱され、襲いかかられそうになったうさ

ロバート実資は、頼宗を「頭が、、、じゃねえの!?」とか「暗闇を目の前にして何も見えない人みたい」とか、さんざんに罵っているうさ


これからも大河ドラマ話や、日本史の話でもりあがっていくので

ぜひ高評価とチャンネル登録をお願いしますうさ

よろしくうさー


「光る君へ」を楽しむ参考文献リスト

オススメ!『光る君へ〈紫式部とその時代〉』(NHK出版)→https://amzn.to/4arFW1V

オススメ!紫式部と藤原道長』(倉本一宏)→https://amzn.to/3NqFJlT

オススメ!『清少納言と紫式部』(丸山裕美子)→https://amzn.to/47VQEvY

『藤原道長: 摂関期の政治と文化』(大津透)→https://amzn.to/3TD3HhI

『牛車で行こう!: 平安貴族と乗り物文化』(京樂真帆子)→https://amzn.to/3v8XWy6

『一条天皇 (人物叢書)』(倉本一宏)→https://amzn.to/47bdC0T

『藤原道長(人物叢書)』(山中裕)→https://amzn.to/3RBkChJ

『写真でみる 紫式部の有職装束図鑑』(仙石 宗久)→https://amzn.to/3v5Plfk

『平安朝 女性のライフサイクル』(服藤早苗)→https://amzn.to/41zozYW

『絵巻で歩む宮廷世界の歴史』(五味文彦)→https://amzn.to/3GTfjoX

『清少納言 (人物叢書)』(岸上慎二)→https://amzn.to/41BiCuP

『平安貴族とは何か 三つの日記で読む実像』(倉本一宏)→https://amzn.to/3RUJq60

『平安京の下級官人』(倉本一宏)→https://amzn.to/3vc1X4H

『藤原氏―権力中枢の一族』(倉本一宏)→https://amzn.to/48lwBHm

『平安朝 皇位継承の闇』(倉本一宏)→https://amzn.to/4808Y7f

『皇子たちの悲劇 皇位継承の日本古代史』(倉本一宏)→https://amzn.to/3tE8XXw

『敗者たちの平安王朝 皇位継承の闇』(倉本一宏)→https://amzn.to/3vi8qLm

『紫式部 (人物叢書 新装版)』(今井源衛)→https://amzn.to/485WYRC

『孫の孫が語る藤原道長』(繁田信一)→https://amzn.to/3tzJbUk

『藤原行成 (人物叢書)』(黒板伸夫)→https://amzn.to/4avVn9q

『文学で読む日本の歴史―古典文学篇』(五味文彦)→https://amzn.to/47fQ0Iu

『光源氏に迫る: 源氏物語の歴史と文化』(宇治市源氏物語ミュージアム)→https://amzn.to/3Nzs5wz

『藤原彰子 (人物叢書)』(服藤 早苗)→https://amzn.to/4aA73I4

『キャラ絵で学ぶ! 源氏物語図鑑』(伊藤賀一)→https://amzn.to/479NS55

『完全解説 装束の描き方』(ながさわとろ)→https://amzn.to/48oVba2

『平安時代天皇列伝』(樋口健太郎)→https://amzn.to/3v9CjNX

『図説 藤原氏』(木本好信)→https://amzn.to/48403lc

『源氏物語を楽しむための王朝貴族入門』(繁田 信一)→https://amzn.to/487H4GB

『平安貴族の仕事と昇進: どこまで出世できるのか』(井上 幸治)→https://amzn.to/48wt5tp

『平安貴族の住まい: 寝殿造から読み直す日本住宅史』(藤田 勝也)→https://amzn.to/48uCUbr

『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! 源氏物語』(竹内正彦)→https://amzn.to/47e6MYq

『紫式部日記 現代語訳付き』(紫式部)→https://amzn.to/3RCP7El

『源氏物語 解剖図鑑』(佐藤 晃子)→https://amzn.to/4ausWIX

その他、面白かった本

『神作家・紫式部のありえない日々: 1』(D・キッサン)→https://amzn.to/3TwrGyZ

『神作家・紫式部のありえない日々: 2』(D・キッサン)→https://amzn.to/4axvben

『神作家・紫式部のありえない日々: 3』(D・キッサン)→https://amzn.to/41C8y4o

『もしも紫式部が大企業のOLだったなら』(井上 ミノル)→https://amzn.to/3RrTvWw

『もしも紫式部が大企業のOLだったなら 大鏡篇』(井上 ミノル)→https://amzn.to/3tzKene

『大摑源氏物語 まろ、ん?』(小泉吉宏)→https://amzn.to/3tDJtcR

『まんがで読む古典 1 枕草子』(面堂 かずき)→https://amzn.to/3TzVwm4

『まんがで読む古典 2 更級日記・蜻蛉日記』(羽崎 やすみ)→https://amzn.to/3Tyl3Mr

『暴れん坊少納言 1巻』(かかし 朝浩)→https://amzn.to/41zq6hE



閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page