top of page

史実で楽しむ 光る君へ解説 ep 17-1「華の影」 ききょう兄弟の運命



うさようございまーす

ていうか、「ききょうあれこれ その1 家族編」うさ

みんなが語らない、ききょうの兄弟の話なんかもしていくうさー



【動画版はこちら】


ききょう(清少納言)の兄弟概観

ききょうは、清原元輔が60近くになったときの子で

ドラマには出てこないけど、兄弟も何人かいるうさ

おそらくは、ききょうが末っ子うさ

史料で確認できるのは、為成・致信・法師戒秀・寧子の兄嫁、うさ



ききょうのお姉ちゃんが寧子の兄と結婚してるので ききょうはなにげに寧子の親戚うさね

そのせいか、『枕草子』では、寧子の和歌を紹介してほめているうさ

ききょう本人について詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞうさ


清原為成

為成(ためなり/ためしげ)はききょうよりも20歳ほど年上のお兄ちゃんで

いつごろかは分からないけど、ロバート実資の家に仕えていたうさ

なんか、音楽が得意だったみたいうさよ


清原致信

致信(むねのぶ)は一番ショッキングな運命をたどったお兄ちゃんうさ

致信は藤原保昌に仕えていたうさ

藤原保昌は道長に仕えていた武人で 「道長四天王」の一人うさ



この道長の家来の家来をしてた致信は なんと

白昼に騎馬武者7~8騎と郎党10数人に囲まれて殺害されたうさ!

犯人は源頼親の家来たちだったうさ


法師戒秀

あ、ごめん 法師戒秀(かいしゅう)もショッキングな死を迎えたお兄ちゃんうさ

法師戒秀は、足扇ほれほれ東宮師貞親王が即位してなった花山天皇

花山天皇が忯子ちゃんの死を悲しんで兼家ファミリーに騙されて退位してなった花山院

その花山院のそばに仕えていた殿上法師うさ

というわけで、足扇ほれほれ東宮の最終形態花山院に仕えていた法師戒秀は なんと

自分のお家で鼻くそほじってたら 雷に打たれて死んだうさ

もちろん、鼻くその部分はウサギ先生が盛った捏造うさけど

落雷は本当うさ

当時の感覚だと、お兄ちゃんが二人もこんな死に方したら、ウチの家系は祟られているとか心配したはずうさね


パパ清原元輔補足

ききょうのパパは歌人・清原元輔で、ママについてはまったく分かっていないうさ

パパ元輔については、前に「二人の才女解説」で話したので、概要欄からそちらも見てもらうとして



まとめて補足すると

パパ元輔は歌人として高名な下級官人うさ

ききょうが生まれたときに58歳で六位の大蔵小丞だったので ほんとに下っ端の下っ端官人うさ

ききょうが9歳のころ、パパ元輔は67歳にしてようやく周防国の受領になれたうさ

周防国から帰ってきて、受領を努めた功績で従五位下となって貴族の仲間入りしたときに

ききょうとまひろが出会った、道隆の漢詩の会に親子で呼ばれたということだったうさ

そんで、79歳の老骨に鞭打って肥後守として長期出張しているとき

現地の肥後で亡くなってしまったうさ パパ元輔83歳のときで

ききょうとまひろが再会して、和歌の会に呼ばれた日の数ヶ月前のことだったうさ


ききょうの夫

ききょう家族関係でよく話題に出るのが夫の話しうさ

通説的には、ききょうは生涯で二度結婚しているうさ


大河ドラマで、ききょうに息子を押し付けられたうえで捨てられたのが 最初の夫・橘則光うさ

則光はききょうの1歳年上と考えられていて 則光17歳、ききょう16歳のころに結婚したうさ

そんで、ききょう17歳のころに、息子・則長が生まれたうさ

ききょうがおねショタ定子ちゃんに仕え始めたときは、息子は11歳だったけど

このころには、父子ともども捨てられていたうさ

あ、エピソード17の993年段階では、ききょうは推定27歳うさ


橘則光に話を戻すと 則光はイケメンマッチョで、夜中に三人の盗賊を斬り殺したことがあるという剛の者だけど

「和歌を送ってきたら絶交する!」とききょうに言ってたほどの文学嫌いなので

ききょうとは馬が合わないに決まってるうさ

則光はききょうがおねショタ定子ちゃんに仕え始めた993年には蔵人やってるうさ

というわけで、職場が近いシンママききょうと元ダンナ則光だったけで

なぜか、仲が良く「幼馴染のようだ」と宮中で評判だったうさ


ちなみに、元ダンナ則光は、よく調べてみると 氏の長者という一族のリーダーポジションを弟にとられてるし、官位も弟のほうが上だし、、、と、元ダンナ橘則光は、なんか問題ありの人物かもしれないうさね


このあと、ききょうはおねショタ定子ちゃんへの宮仕えを終えるころに 藤原棟世と結婚するうさ

そんで、宮仕えが終わったききょうはニューパートナー棟世と摂津国に下るうさ

ききょうニューパートナー棟世との間には、娘小馬命婦を授かったうさ


これからも大河ドラマ話や、日本史の話でもりあがっていくので

ぜひ高評価とチャンネル登録をお願いしますうさ

よろしくうさー


「光る君へ」を楽しむ参考文献リスト

オススメ!『光る君へ〈紫式部とその時代〉』(NHK出版)→https://amzn.to/4arFW1V

オススメ!紫式部と藤原道長』(倉本一宏)→https://amzn.to/3NqFJlT

オススメ!『清少納言と紫式部』(丸山裕美子)→https://amzn.to/47VQEvY

『藤原道長: 摂関期の政治と文化』(大津透)→https://amzn.to/3TD3HhI

『牛車で行こう!: 平安貴族と乗り物文化』(京樂真帆子)→https://amzn.to/3v8XWy6

『一条天皇 (人物叢書)』(倉本一宏)→https://amzn.to/47bdC0T

『藤原道長(人物叢書)』(山中裕)→https://amzn.to/3RBkChJ

『写真でみる 紫式部の有職装束図鑑』(仙石 宗久)→https://amzn.to/3v5Plfk

『平安朝 女性のライフサイクル』(服藤早苗)→https://amzn.to/41zozYW

『絵巻で歩む宮廷世界の歴史』(五味文彦)→https://amzn.to/3GTfjoX

『清少納言 (人物叢書)』(岸上慎二)→https://amzn.to/41BiCuP

『平安貴族とは何か 三つの日記で読む実像』(倉本一宏)→https://amzn.to/3RUJq60

『平安京の下級官人』(倉本一宏)→https://amzn.to/3vc1X4H

『藤原氏―権力中枢の一族』(倉本一宏)→https://amzn.to/48lwBHm

『平安朝 皇位継承の闇』(倉本一宏)→https://amzn.to/4808Y7f

『皇子たちの悲劇 皇位継承の日本古代史』(倉本一宏)→https://amzn.to/3tE8XXw

『敗者たちの平安王朝 皇位継承の闇』(倉本一宏)→https://amzn.to/3vi8qLm

『紫式部 (人物叢書 新装版)』(今井源衛)→https://amzn.to/485WYRC

『孫の孫が語る藤原道長』(繁田信一)→https://amzn.to/3tzJbUk

『藤原行成 (人物叢書)』(黒板伸夫)→https://amzn.to/4avVn9q

『文学で読む日本の歴史―古典文学篇』(五味文彦)→https://amzn.to/47fQ0Iu

『光源氏に迫る: 源氏物語の歴史と文化』(宇治市源氏物語ミュージアム)→https://amzn.to/3Nzs5wz

『藤原彰子 (人物叢書)』(服藤 早苗)→https://amzn.to/4aA73I4

『キャラ絵で学ぶ! 源氏物語図鑑』(伊藤賀一)→https://amzn.to/479NS55

『完全解説 装束の描き方』(ながさわとろ)→https://amzn.to/48oVba2

『平安時代天皇列伝』(樋口健太郎)→https://amzn.to/3v9CjNX

『図説 藤原氏』(木本好信)→https://amzn.to/48403lc

『源氏物語を楽しむための王朝貴族入門』(繁田 信一)→https://amzn.to/487H4GB

『平安貴族の仕事と昇進: どこまで出世できるのか』(井上 幸治)→https://amzn.to/48wt5tp

『平安貴族の住まい: 寝殿造から読み直す日本住宅史』(藤田 勝也)→https://amzn.to/48uCUbr

『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! 源氏物語』(竹内正彦)→https://amzn.to/47e6MYq

『紫式部日記 現代語訳付き』(紫式部)→https://amzn.to/3RCP7El

『源氏物語 解剖図鑑』(佐藤 晃子)→https://amzn.to/4ausWIX

その他、面白かった本

『神作家・紫式部のありえない日々: 1』(D・キッサン)→https://amzn.to/3TwrGyZ

『神作家・紫式部のありえない日々: 2』(D・キッサン)→https://amzn.to/4axvben

『神作家・紫式部のありえない日々: 3』(D・キッサン)→https://amzn.to/41C8y4o

『もしも紫式部が大企業のOLだったなら』(井上 ミノル)→https://amzn.to/3RrTvWw

『もしも紫式部が大企業のOLだったなら 大鏡篇』(井上 ミノル)→https://amzn.to/3tzKene

『大摑源氏物語 まろ、ん?』(小泉吉宏)→https://amzn.to/3tDJtcR

『まんがで読む古典 1 枕草子』(面堂 かずき)→https://amzn.to/3TzVwm4

『まんがで読む古典 2 更級日記・蜻蛉日記』(羽崎 やすみ)→https://amzn.to/3Tyl3Mr

『暴れん坊少納言 1巻』(かかし 朝浩)→https://amzn.to/41zq6hE



閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page