top of page

藤原文範 「光る君へ」人物事典054

更新日:2月4日




【目次】

藤原文範(ふじわらのふみのり):栗田芳宏

まずは、NHK公式の紹介を引用して、大河ドラマ上での設定を確認しておきましょう。


康保4年(967)に公卿となる。


まひろの母方のひいおじいちゃんです。

ちやはから見たら、おじいちゃんです。

藤原文範の父は藤原元名で、母は藤原扶幹(すけもと)の娘です。


59才でようやく公卿になった人です。

ドラマの中でのポジションがよく分からない人ですねえ。。。

なんか、老人になっても口うるさい系の人だったみたいなんですが。。。

909年生まれなので、登場人物中の最長老です。


第1話では、文範が、まひろの父為時が自分を推薦する文を、円融天皇の御前で読み上げていました。

その自推文に式部省の人事を批判する部分があったので、円融天皇が「余の政治が良くないというのか、ああん」的なこと言って怒っていました。

文範からしたら、社長円融も出席する人事部会議で、かわいい孫娘の無職ダンナ為時の就活エントリーシートを読み上げたら、

社長円融がバチギレして、場の空気が凍りついたということです。

もっとがんばれよ、為時……



栗田芳宏(くりたよしひろ)

1957年生。日本の俳優、演出家です。(Wikipedia


解説:史実としての藤原文範

文範の三男為信の娘(ドラマでは「ちやは」)が、まひろ父為時と結婚していますが、

文範の二男為雅の娘は藤原義懐と結婚しています。

為時と義懐は、いっしょに花山天皇の蔵人となりました。

義懐は花山天皇の叔父にもあたります。


年表

909年:1歳。誕生。

940年:32歳。昇殿。

941年:33歳。蔵人(朱雀天皇)。

957年:49歳。昇殿。

966年:58歳。蔵人頭(村上天皇)。なお、道長が生まれた年。

967年:59歳。正月20日、参議。

970年:62歳。文範の仕丁が冷泉院の御厨人と闘乱する。

973年:65歳。ひ孫のまひろが生まれる。


円融上皇の造宮別当を務めている(977年)ん、おかしくね?


994年:86歳。封五十戸を加給。

996年:88歳。3月28日、死去。


「光る君へ」を楽しむ文献リスト

オススメ!『光る君へ〈紫式部とその時代〉』(NHK出版)→https://amzn.to/4arFW1V

オススメ!紫式部と藤原道長』(倉本一宏)→https://amzn.to/3NqFJlT

オススメ!『清少納言と紫式部』(丸山裕美子)→https://amzn.to/47VQEvY

『藤原道長: 摂関期の政治と文化』(大津透)→https://amzn.to/3TD3HhI

『牛車で行こう!: 平安貴族と乗り物文化』(京樂真帆子)→https://amzn.to/3v8XWy6

『一条天皇 (人物叢書)』(倉本一宏)→https://amzn.to/47bdC0T

『藤原道長(人物叢書)』(山中裕)→https://amzn.to/3RBkChJ

『写真でみる 紫式部の有職装束図鑑』(仙石 宗久)→https://amzn.to/3v5Plfk

『平安朝 女性のライフサイクル』(服藤早苗)→https://amzn.to/41zozYW

『絵巻で歩む宮廷世界の歴史』(五味文彦)→https://amzn.to/3GTfjoX

『清少納言 (人物叢書)』(岸上慎二)→https://amzn.to/41BiCuP

『平安貴族とは何か 三つの日記で読む実像』(倉本一宏)→https://amzn.to/3RUJq60

『平安京の下級官人』(倉本一宏)→https://amzn.to/3vc1X4H

『藤原氏―権力中枢の一族』(倉本一宏)→https://amzn.to/48lwBHm

『平安朝 皇位継承の闇』(倉本一宏)→https://amzn.to/4808Y7f

『皇子たちの悲劇 皇位継承の日本古代史』(倉本一宏)→https://amzn.to/3tE8XXw

『敗者たちの平安王朝 皇位継承の闇』(倉本一宏)→https://amzn.to/3vi8qLm

『紫式部 (人物叢書 新装版)』(今井源衛)→https://amzn.to/485WYRC

『孫の孫が語る藤原道長』(繁田信一)→https://amzn.to/3tzJbUk

『藤原行成 (人物叢書)』(黒板伸夫)→https://amzn.to/4avVn9q

『文学で読む日本の歴史―古典文学篇』(五味文彦)→https://amzn.to/47fQ0Iu

『光源氏に迫る: 源氏物語の歴史と文化』(宇治市源氏物語ミュージアム)→https://amzn.to/3Nzs5wz

『藤原彰子 (人物叢書)』(服藤 早苗)→https://amzn.to/4aA73I4

『キャラ絵で学ぶ! 源氏物語図鑑』(伊藤賀一)→https://amzn.to/479NS55

『完全解説 装束の描き方』(ながさわとろ)→https://amzn.to/48oVba2

『平安時代天皇列伝』(樋口健太郎)→https://amzn.to/3v9CjNX

『図説 藤原氏』(木本好信)→https://amzn.to/48403lc

『源氏物語を楽しむための王朝貴族入門』(繁田 信一)→https://amzn.to/487H4GB

『平安貴族の仕事と昇進: どこまで出世できるのか』(井上 幸治)→https://amzn.to/48wt5tp

『平安貴族の住まい: 寝殿造から読み直す日本住宅史』(藤田 勝也)→https://amzn.to/48uCUbr

『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! 源氏物語』(竹内正彦)→https://amzn.to/47e6MYq

『紫式部日記 現代語訳付き』(紫式部)→https://amzn.to/3RCP7El

『源氏物語 解剖図鑑』(佐藤 晃子)→https://amzn.to/4ausWIX


その他、面白かった本

『神作家・紫式部のありえない日々: 1』(D・キッサン)→https://amzn.to/3TwrGyZ

『神作家・紫式部のありえない日々: 2』(D・キッサン)→https://amzn.to/4axvben

『神作家・紫式部のありえない日々: 3』(D・キッサン)→https://amzn.to/41C8y4o

『もしも紫式部が大企業のOLだったなら』(井上 ミノル)→https://amzn.to/3RrTvWw

『もしも紫式部が大企業のOLだったなら 大鏡篇』(井上 ミノル)→https://amzn.to/3tzKene

『大摑源氏物語 まろ、ん?』(小泉吉宏)→https://amzn.to/3tDJtcR

『まんがで読む古典 1 枕草子』(面堂 かずき)→https://amzn.to/3TzVwm4

『まんがで読む古典 2 更級日記・蜻蛉日記』(羽崎 やすみ)→https://amzn.to/3Tyl3Mr

『暴れん坊少納言 1巻』(かかし 朝浩)→https://amzn.to/41zq6hE


閲覧数:9回0件のコメント
bottom of page