top of page

日本が引き継いだ山東省のドイツ権益(歴史部生徒質問)

更新日:2023年9月17日

質問:「二十一箇条の要求で中国に承認させ、ベルサイユ条約で列強が承認した、ドイツから日本が継承した権益とは何ですか?」





世界史のうえまつ先生に確認していただきました。ありがとうございます。


浅田進史氏(駒澤大学経済学部教授)の博士論文(※)によると、ドイツが獲得した主な権益は以下のとおりです。


1898年3月6日 、 清朝とドイツ帝国が締結した「膠州湾租借条約」

●ドイツに膠州湾の湾口両岸を99ヵ年間租借すること。 ●ドイツに膠州湾から済南に至る鉄道の敷設権を認めること。 ●ドイツと中国合弁会社に鉄道の建設および経営を委譲すること。 ●ドイツ企業に鉄道沿線の約15km内における鉱山採掘権を認めること。 ●山東省内で中国外の技術者・資本・材料を必要とした場合に、ドイツ企業を優先させること。

※【参考文献】

(本来であれば、博論をもとにした単著、おそらく『ドイツ統治下の青島――経済的自由主義と植民地社会秩序』で確認するべきだろうとのことでした)

なお、青木裕司先生の『青木世界史B講義の実況中継 3』だと、384ページで少し説明していますね。











閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

山東半島利権と近衛文麿(歴史部生徒質問)

質問「質問なのですけれど、本にこんなことがかかてれてました。パリ講和会議のころ、政治家や新聞の記者がもし山東半島の権益が日本でなく、中国に返還されたら米英連合軍と戦うかもしれないと言う噂があって、その後の総理大臣となった近衛文麿がそれを支持してたと書いていました。でも気にな...

bottom of page