top of page

安倍晴明 「光る君へ」人物事典013




※α版(2023/12/06)。


安倍晴明(あべのあるあきら):ユースケ・サンタマリア

まずは、NHK公式の紹介を引用して、大河ドラマ上での設定を確認しておきましょう。



陰陽師。陰陽寮(おんようりょう)に属する天文博士。並外れた占いの才能を持ち、常人にはない力があると畏怖される存在。天皇や貴族の生活はもちろん、政局にも大きな影響を及ぼす。


一般的には「あべのせいめい」と呼ばれることが多いです。「政局にも大きな影響を及ぼす」とは不穏ですね。

『古事談』『平家物語』などには。安倍晴明が藤原道長に対する呪詛をあらわしたといった説話があるので、こうした説話がどのようにドラマに取り入れられるのかが楽しみです。


安倍晴明は平安時代中期の有名な陰陽家で、土御門家の祖となります。

昔から神秘的な説話が多い。天変から花山天皇の退位を知ったとか、式神を使ったなど。。。



年表

では、安倍晴明の略年表を示します。年齢は数え年です。


921年:1歳。誕生。父は大膳大夫益材(『尊卑分脈』『安倍系図』)

960年:40歳。現、天文得業生(安倍晴明の初見)

天文博士・主計権助などを歴任

1001年:81歳。従四位下

1002年:82歳。現、大膳大夫

1004年:84歳。現、左京権大夫

1005年:85歳。9月26日、死去(一説)。









閲覧数:2回0件のコメント
bottom of page