top of page

藤原兼家 「光る君へ」人物事典006

更新日:5月4日




【目次】


藤原兼家(ふじわらのかねいえ):段田安則

まずは、NHK公式の紹介を引用して、大河ドラマ上での設定を確認しておきましょう。



道長の父。藤原氏の中でも、名門中の名門。権力を得て政治のトップに躍り出ようと画策する。いずれは天皇の外祖父となり、栄華を息子らに継がせようと作戦を練る。


史実では、花山天皇を退位させた年に38歳の保子内親王とも結婚していますが、ドラマでは最期まで寧子と仲がいいですね。まあ、史実でも老齢の保子内親王と結婚したのは村上天皇の皇女と結婚して箔をつけるためだったと考えられていますし。


キャスト:段田安則(だんたやすのり)

父は藤原師輔で、母は武蔵守藤原経邦の娘の盛子です。

時姫と結婚して、道隆道兼道長・超子・詮子子らの子ができました。

娘の超子は居貞親王(三条天皇)を生み、詮子懐仁親王(一条天皇)を生みました。


私生活ではデリカシーのないヘラヘラ男で、浮気相手の寧子ちゃんをいつもイライラさせています。


解説:史実からみた藤原兼家


年表

では、兼家の略年表を示します。年齢は数え年です。


929年:1歳。

948年:20歳。従五位下に叙位。

968年:40歳。従三位に昇進。兄兼通を追い越す。

    超子を冷泉天皇の女御とした。

969年:41歳。中納言に昇進。

972年:44歳。正月、権大納言。閏2月大納言。兄兼通に先んじる。「十月摂政太政大臣伊尹が病気のため辞表を提出すると、円融天皇の前で権中納言兼通と摂政の後継を争った(『済時記』」(『国史大辞典』)

 同年十一月に伊尹が没すると兄兼通に政務の実権を握られる。

977年:49歳。兄の兼通が頼忠に関白を譲ったとき、兼家は右近衛大将から治部卿に左遷され蟄居した。

978年:50歳。再び参内して、12月に頼忠が太政大臣となったときに右大臣となる。

   詮子円融天皇の女御とした。

984年:56歳。花山天皇践祚のときに、詮子の生んだ懐仁親王(一条天皇)を皇太子とした。

986年:58歳。花山天皇道兼道綱らの陰謀で出家させて、退位させた。

   皇太子懐仁親王を天皇に即けた(一条天皇)。

   摂政・氏長者となって政治の実権を掌握した。

   七月、詮子が皇太后となり、さらに居貞親王(三条天皇)が皇太子となった。

   右大臣を辞して、八月に准三宮となった。(道隆道兼道長も相ついで公卿となりった)

989年:61歳。12月、太政大臣となった。

990年:62歳。5月、関白となるが直ちに辞して出家し、関白を道隆に譲った。

       7月2日、没。


法名如実。

邸宅は東三条第、出家とともに法興院となった二条京極第。


「光る君へ」を楽しむ文献リスト

オススメ!『光る君へ〈紫式部とその時代〉』(NHK出版)→https://amzn.to/4arFW1V

オススメ!紫式部と藤原道長』(倉本一宏)→https://amzn.to/3NqFJlT

オススメ!『清少納言と紫式部』(丸山裕美子)→https://amzn.to/47VQEvY

『藤原道長: 摂関期の政治と文化』(大津透)→https://amzn.to/3TD3HhI

『牛車で行こう!: 平安貴族と乗り物文化』(京樂真帆子)→https://amzn.to/3v8XWy6

『一条天皇 (人物叢書)』(倉本一宏)→https://amzn.to/47bdC0T

『藤原道長(人物叢書)』(山中裕)→https://amzn.to/3RBkChJ

『写真でみる 紫式部の有職装束図鑑』(仙石 宗久)→https://amzn.to/3v5Plfk

『平安朝 女性のライフサイクル』(服藤早苗)→https://amzn.to/41zozYW

『絵巻で歩む宮廷世界の歴史』(五味文彦)→https://amzn.to/3GTfjoX

『清少納言 (人物叢書)』(岸上慎二)→https://amzn.to/41BiCuP

『平安貴族とは何か 三つの日記で読む実像』(倉本一宏)→https://amzn.to/3RUJq60

『平安京の下級官人』(倉本一宏)→https://amzn.to/3vc1X4H

『藤原氏―権力中枢の一族』(倉本一宏)→https://amzn.to/48lwBHm

『平安朝 皇位継承の闇』(倉本一宏)→https://amzn.to/4808Y7f

『皇子たちの悲劇 皇位継承の日本古代史』(倉本一宏)→https://amzn.to/3tE8XXw

『敗者たちの平安王朝 皇位継承の闇』(倉本一宏)→https://amzn.to/3vi8qLm

『紫式部 (人物叢書 新装版)』(今井源衛)→https://amzn.to/485WYRC

『孫の孫が語る藤原道長』(繁田信一)→https://amzn.to/3tzJbUk

『藤原行成 (人物叢書)』(黒板伸夫)→https://amzn.to/4avVn9q

『文学で読む日本の歴史―古典文学篇』(五味文彦)→https://amzn.to/47fQ0Iu

『光源氏に迫る: 源氏物語の歴史と文化』(宇治市源氏物語ミュージアム)→https://amzn.to/3Nzs5wz

『藤原彰子 (人物叢書)』(服藤 早苗)→https://amzn.to/4aA73I4

『キャラ絵で学ぶ! 源氏物語図鑑』(伊藤賀一)→https://amzn.to/479NS55

『完全解説 装束の描き方』(ながさわとろ)→https://amzn.to/48oVba2

『平安時代天皇列伝』(樋口健太郎)→https://amzn.to/3v9CjNX

『図説 藤原氏』(木本好信)→https://amzn.to/48403lc

『源氏物語を楽しむための王朝貴族入門』(繁田 信一)→https://amzn.to/487H4GB

『平安貴族の仕事と昇進: どこまで出世できるのか』(井上 幸治)→https://amzn.to/48wt5tp

『平安貴族の住まい: 寝殿造から読み直す日本住宅史』(藤田 勝也)→https://amzn.to/48uCUbr

『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! 源氏物語』(竹内正彦)→https://amzn.to/47e6MYq

『紫式部日記 現代語訳付き』(紫式部)→https://amzn.to/3RCP7El

『源氏物語 解剖図鑑』(佐藤 晃子)→https://amzn.to/4ausWIX

その他、面白かった本

『神作家・紫式部のありえない日々: 1』(D・キッサン)→https://amzn.to/3TwrGyZ

『神作家・紫式部のありえない日々: 2』(D・キッサン)→https://amzn.to/4axvben

『神作家・紫式部のありえない日々: 3』(D・キッサン)→https://amzn.to/41C8y4o

『もしも紫式部が大企業のOLだったなら』(井上 ミノル)→https://amzn.to/3RrTvWw

『もしも紫式部が大企業のOLだったなら 大鏡篇』(井上 ミノル)→https://amzn.to/3tzKene

『大摑源氏物語 まろ、ん?』(小泉吉宏)→https://amzn.to/3tDJtcR

『まんがで読む古典 1 枕草子』(面堂 かずき)→https://amzn.to/3TzVwm4

『まんがで読む古典 2 更級日記・蜻蛉日記』(羽崎 やすみ)→https://amzn.to/3Tyl3Mr

『暴れん坊少納言 1巻』(かかし 朝浩)→https://amzn.to/41zq6hE


閲覧数:154回0件のコメント

Comentários


bottom of page