top of page

藤原道綱 「光る君へ」人物事典036

更新日:5月19日


【目次】


藤原道綱(ふじわらのみちつな):上地雄輔

まずは、NHK公式の紹介を引用して、大河ドラマ上での設定を確認しておきましょう。


道長の異腹の兄。知性豊かな母を持つが、本人は一向に才に恵まれず、父の兼家からは、嫡妻の息子たちより格段に軽く扱われている。性格は明るくお人よしで、憎めないところもある。


第5話で初登場しました。このとき(984年)30歳で、道長よりも11歳年上です。宣孝(33歳)や赤染衛門(30前後)と同世代といったところでしょうか。

官位は、このとき従五位上で左近衛少将です。備前介も兼任していますが、遙任でしょう。

道長と同い年の藤原公任は、19歳で従四位上の左近衛中将なので、道綱は公任の部下ということになります。

道綱を見るときの兼家は、政治家の顔をしていませんでした。寧子の家にいるときだけが、兼家の安らぐときなのでしょうか。

エピソード12では、くるくるお菓子をはむはむしていました。これからは、兼家だけでなく、道長も癒やしてくれることを期待しています(追記(2024/03/18)→道綱と道長の隠された関係)。


キャスト:上地雄輔(かみじゆうすけ)

1979年生まれの日本の俳優、歌手、タレント、司会者です。大河ドラマでは、「天地人」で小早川秀秋を演じています。


解説:史実としての藤原道綱

藤原道綱は、頼りがいも能力もないマザコン男です。藤原実資からもボロクソに言われています。

藤原兼家の次男で、母は藤原倫寧の娘(『蜻蛉日記』の作者)です。母親は「光る君へ」では寧子という名前で、一般にいう「藤原道綱母」ですね。

いろいろなところで、出来が悪いと言われています。私も大学院などで『小右記』を読みましたが、道綱はほんとうにぽやっとしています。お母さんの寧子(『蜻蛉日記』の作者)がずっと心配しているのもうなずけます。

道長のゴリ押しで997年に大納言になれたときは、官位が抜かれたロバート実資がバチギレして、日記『小右記』に道長詮子への不満をぶちまけています。

1000年の4月に中宮彰子の立后後初入内のときには、先例に反するのに「彰子の伯父にあたるオレも昇進させてー」とゴリ押しして、嫌がる一条天皇から従二位をもぎ取ります。


道綱の娘は豊子(ほうし)で、紫式部日記に「宰相の君」として登場します。紫式部から容姿をほめられています(『紫式部日記』49段)。豊子は敦成親王の乳母でもあったので、敦成親王が即位して後一条天皇となると、典侍・従三位に昇進しています。

そういえば、豊子はまひろの同僚なので、道綱よりも豊子のほうがドラマに出てくるようになるかもしれません。




道綱と道長の隠された関係(うさぎ先生の追記(2024/03/18))

Xのタイムラインなんかでも、道綱の癒やしキャラが盛り上がってるうさ

道綱は道長の母違いの兄弟うさ

史実でも道長の母違いの兄弟は何人かいるけど、他の兄弟とくらべて、道長は明らかに道綱と仲が良かったうさ

たとえば、よく同じ牛車に一緒に乗って「まったり まったり まったりな~♪」と出かけていたうさ


大河ドラマでは、二人が仲が良い理由を

「親兄弟も信じられない」と言っていた道長にとって

ぼんやりとして出世に興味がない道綱といるときだけが心休まるときになる

とするシナリオに感じるうさ 今のところ

道長も道綱にくるくるお菓子をもらって はむはむするかもうさ


さあ、ここからうさよ

実は! 道長と道綱にはドラマでは隠された関係がある(できる)うさ

それは、「相婿(あいむこ)」という関係うさ

相婿とは、姉妹と結婚した二人という関係うさ

道長はこの後、左大臣源雅信の娘 倫子と結婚するけど

実は、道綱も左大臣源雅信の娘と結婚しているうさ

こうして、道長と道綱は相婿の関係になるうさ

ちなみに、倫子と道綱の北の方のどちらが年上なのかは、史料がないので分からないうさ

(2024/05/19追記:栄花物語によると倫子が姉でした)

また、道長と道綱どちらが先に結婚したのかも分かっていないうさ

いちおう、道綱のほうが道長より11歳年上だし 道長と倫子は当時としては晩婚なので

道綱のほうが先に結婚していたのかなあ、、、と推察してみるうさ

(2024/05/19追記:栄花物語によると道綱が後でした


そうなると、今週のドラマで道綱がくるくるお菓子をはむはむしていたときは

もう左大臣家の娘と結婚していたということうさ(2024/05/19追記:栄花物語によると道綱が後でした


おい!道綱 パパの肩揉もうとしてママに怒られてる暇があったら 奥さんのとこ行って道長みたいにラブラブちゅっちゅしてこんかい!


さて、大河ドラマでは、道長が左大臣家の源倫子と結婚することによって、右大臣家(兼家の家系)が源氏と繋がるというシナリオのようなので

道綱がすでに源雅信の娘と結婚していたという話はオミットされると思ううさ


史実では、道長にとって相婿の関係にあるのは道綱だけうさ

道綱から見たら、道隆や道兼は相婿ではなく、道長だけうさ

こうして、二人は他の兄弟とは少し違う近しい関係にあったと考えられているうさ

たとえば、後々道綱息子の一人、兼経は、道長の養子になっているうさ


ちなみに、翌年の987年4月17日に、道綱と道長は、藤原為光との間にある事件を起こす(起こされる)うさ

藤原為光は、今週の除目のときに、ニヤっとしていた人うさ

『源氏物語』の元ネタになった可能性もある出来事なので、ドラマでも描かれるかもしれないうさ

楽しみにしているうさけど、、、「光る君へ」は好き好きちゅっちゅ以外のエピソードは削りまくっているので、どうかなあとは思っているうさ

余力があったら、今度は藤原為光の解説を今週中に上げたいうさ


最後に、道綱奥さんズを何人か紹介しておくうさ

まず、今回紹介した左大臣家源雅信の娘は、道綱が40歳と少しのころに亡くなるうさ

他には、源頼光の娘も妻にしているうさ

源頼光は武士として大江山の酒呑童子を退治したという伝説をもつ頼光うさ

あと、源近広の娘も道綱の子を産んでいるうさ その子は後に歌人道命阿闍梨として有名になるうさ




年表

藤原道綱の略年表を示します。年齢は数え年です。


955年:1歳。誕生。

970年:16歳。叙爵。

→左衛門佐・蔵人・右中将など

987年:33歳。従三位。

991年:37歳。参議。

996年:42歳。中納言兼右大将。

997年:43歳。大納言。

1000年:46歳。4月、従二位。

1020年:66歳。10月13日、病のため出家。

       10月15日、死去。

「光る君へ」を楽しむ文献リスト

オススメ!『光る君へ〈紫式部とその時代〉』(NHK出版)→https://amzn.to/4arFW1V

オススメ!紫式部と藤原道長』(倉本一宏)→https://amzn.to/3NqFJlT

オススメ!『清少納言と紫式部』(丸山裕美子)→https://amzn.to/47VQEvY

『藤原道長: 摂関期の政治と文化』(大津透)→https://amzn.to/3TD3HhI

『牛車で行こう!: 平安貴族と乗り物文化』(京樂真帆子)→https://amzn.to/3v8XWy6

『一条天皇 (人物叢書)』(倉本一宏)→https://amzn.to/47bdC0T

『藤原道長(人物叢書)』(山中裕)→https://amzn.to/3RBkChJ

『写真でみる 紫式部の有職装束図鑑』(仙石 宗久)→https://amzn.to/3v5Plfk

『平安朝 女性のライフサイクル』(服藤早苗)→https://amzn.to/41zozYW

『絵巻で歩む宮廷世界の歴史』(五味文彦)→https://amzn.to/3GTfjoX

『清少納言 (人物叢書)』(岸上慎二)→https://amzn.to/41BiCuP

『平安貴族とは何か 三つの日記で読む実像』(倉本一宏)→https://amzn.to/3RUJq60

『平安京の下級官人』(倉本一宏)→https://amzn.to/3vc1X4H

『藤原氏―権力中枢の一族』(倉本一宏)→https://amzn.to/48lwBHm

『平安朝 皇位継承の闇』(倉本一宏)→https://amzn.to/4808Y7f

『皇子たちの悲劇 皇位継承の日本古代史』(倉本一宏)→https://amzn.to/3tE8XXw

『敗者たちの平安王朝 皇位継承の闇』(倉本一宏)→https://amzn.to/3vi8qLm

『紫式部 (人物叢書 新装版)』(今井源衛)→https://amzn.to/485WYRC

『孫の孫が語る藤原道長』(繁田信一)→https://amzn.to/3tzJbUk

『藤原行成 (人物叢書)』(黒板伸夫)→https://amzn.to/4avVn9q

『文学で読む日本の歴史―古典文学篇』(五味文彦)→https://amzn.to/47fQ0Iu

『光源氏に迫る: 源氏物語の歴史と文化』(宇治市源氏物語ミュージアム)→https://amzn.to/3Nzs5wz

『藤原彰子 (人物叢書)』(服藤 早苗)→https://amzn.to/4aA73I4

『キャラ絵で学ぶ! 源氏物語図鑑』(伊藤賀一)→https://amzn.to/479NS55

『完全解説 装束の描き方』(ながさわとろ)→https://amzn.to/48oVba2

『平安時代天皇列伝』(樋口健太郎)→https://amzn.to/3v9CjNX

『図説 藤原氏』(木本好信)→https://amzn.to/48403lc

『源氏物語を楽しむための王朝貴族入門』(繁田 信一)→https://amzn.to/487H4GB

『平安貴族の仕事と昇進: どこまで出世できるのか』(井上 幸治)→https://amzn.to/48wt5tp

『平安貴族の住まい: 寝殿造から読み直す日本住宅史』(藤田 勝也)→https://amzn.to/48uCUbr

『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! 源氏物語』(竹内正彦)→https://amzn.to/47e6MYq

『紫式部日記 現代語訳付き』(紫式部)→https://amzn.to/3RCP7El

『源氏物語 解剖図鑑』(佐藤 晃子)→https://amzn.to/4ausWIX

その他、面白かった本

『神作家・紫式部のありえない日々: 1』(D・キッサン)→https://amzn.to/3TwrGyZ

『神作家・紫式部のありえない日々: 2』(D・キッサン)→https://amzn.to/4axvben

『神作家・紫式部のありえない日々: 3』(D・キッサン)→https://amzn.to/41C8y4o

『もしも紫式部が大企業のOLだったなら』(井上 ミノル)→https://amzn.to/3RrTvWw

『もしも紫式部が大企業のOLだったなら 大鏡篇』(井上 ミノル)→https://amzn.to/3tzKene

『大摑源氏物語 まろ、ん?』(小泉吉宏)→https://amzn.to/3tDJtcR

『まんがで読む古典 1 枕草子』(面堂 かずき)→https://amzn.to/3TzVwm4

『まんがで読む古典 2 更級日記・蜻蛉日記』(羽崎 やすみ)→https://amzn.to/3Tyl3Mr

『暴れん坊少納言 1巻』(かかし 朝浩)→https://amzn.to/41zq6hE



閲覧数:87回0件のコメント

Comments


bottom of page