top of page

藤原公任 「光る君へ」人物事典017

更新日:5月19日




※α版(2023/12/07)。


藤原公任(ふじわらのきんとう):町田啓太(まちだけいた)

まずは、NHK公式の紹介を引用して、大河ドラマ上での設定を確認しておきましょう。



時の関白の息子。道長とは同い年で、友情を育むが、出世レースが進むにつれ関係が変化する。音曲、漢詩、和歌など文化面に秀でており、紫式部(まひろ)の源氏物語に興味を持つ。



関白太政大臣藤原頼忠の長男で、母は代明親王の娘厳子。藤原実資は従兄弟にあたる。

道長とは同い年ですが、公任の息子定頼も、道長の息子頼通と同い年です。


関白の長男で、祖父(実頼)も関白だったのに、摂関への道を昇ることはできなかった人です。

その理由は、兼家が権力争いに勝利したからであり、姉の遵子が円融天皇の皇子を産まなっかったからです。ちなみに、大河ドラマだと、遵子が皇子を産まなかったのも兼家が安倍晴明に呪詛させたせいななので、やっぱ兼家のせいですね。

漢詩・管絃・和歌の三船の才をもっています。中古三十六歌仙の一人に数えられる、一条朝の歌壇の第一人者です。和泉式部や、清少納言、そして紫式部などとの交渉がありました。

大河ドラマの紹介に「出世レースが進むにつれ関係が変化」とありますが、下の年表をみると、なるほどずっと頼忠系のキサキについていますね。まあ、公任は遵子の同母弟妹ですし。

公任と実資の、道長に対する態度・関係の違いが注目されるところです。


有識故実書の『北山抄』も書いています。『北山抄』読むゼミに参加したことがありますが、難しかったです。


年表

では、藤原公任の略年表を示します。年齢は数え年です。


966年:1歳。誕生。

980年:15歳。元服、正五位下、侍従。

982年:17歳。従四位上。

983年:18歳。左近衛権中将。

985年:20歳。正四位下。

989年:24歳。蔵人頭(一条天皇)。

992年:26歳。参議。

995年:29歳。左兵衛督、皇后宮大夫(定子)。

996年:30歳。右衛門督、検非違使別当。

998年:32歳。勘解由長官。

999年:33歳。従三位。彰子入内を祝う屏風歌を詠進(実資は拒否)。

1001年:35歳。中納言、左衛門督、正三位。

1005年:39歳。皇太后宮大夫(遵子)、従二位。

1009年:43歳。権大納言。

1012年:46歳。太皇太后宮大夫(遵子)、正二位。

1018年:52歳。藤原頼通大饗屏風歌を詠進。

1021年:55歳。按察使。

1024年:58歳。致仕。

1026年:60歳。長谷に籠居

1027年:61歳。出家。

1041年:76歳。死去。享年76。









閲覧数:10回0件のコメント

תגובות


bottom of page