top of page

源雅信 「光る君へ」人物事典021

更新日:1月22日




※α版(2023/12/04)。


源雅信(みなもとのまさのぶ):益岡徹

まずは、NHK公式の紹介を引用して、大河ドラマ上での設定を確認しておきましょう。



倫子の父。藤原氏の勢いには一歩譲るが左大臣に上りつめる。愛娘の倫子を入内(じゅだい)させるべきか悩むが機を逃す。思いがけず、ライバルの藤原兼家の三男・道長を婿に迎えることに。。


あれ? 道長って五男じゃないの? あ、2人お姉さんがいるから、3人目の男子ってことね。いや、時姫の子では3人めということですね。

雅信は敦実親王の子で、左大臣藤原時平の娘です。祖父は宇多天皇で、雅信は生まれたときは皇族でしたが、17歳のときに、源姓を賜わって、臣籍降下しています。

身長179センチの鈴木隆仁氏が演じる源重信は、雅信の弟です。

雅信は村上天皇世代の人で、歳をとってからは、花山・一条・三条の傅をつとめます。娘の倫子は摂政藤原道長に嫁ぎ、頼通・教通・上東門院彰子らを生みます。


年表

では、源雅信の略年表を示します。年齢は数え年です。


920年:1歳。誕生。

936年:17歳。臣籍降下(尊卑分脈)。

948年:29歳。蔵人頭(村上天皇)。

951年:32歳。参議。

970年:51歳。正月、権中納言→8月、中納言兼按察使。

972年:53歳。大納言。

977年:58歳。4月、右大臣→12月、皇太子傅(師貞親王(後の花山天皇))。

978年:59年。左大臣。

993年:74歳。出家、死去。









閲覧数:11回0件のコメント
bottom of page