top of page

藤原忯子 「光る君へ」人物事典041

更新日:2023年12月25日




※α版(2023/12/04)。


藤原忯子(ふじわらのよしこ):井上咲楽(いのうえさくら)


まずは、NHK公式の紹介を引用して、大河ドラマ上での設定を確認しておきましょう。


花山天皇の女御。寵愛を受けるが早逝。天皇の出家のきっかけとなる。



藤原為光の娘です。母は、藤原敦敏の娘です。


年表

藤原忯子の略年表を示します。年齢は数え年です。


984年:10月28日、入内(花山天皇の践祚・即位のすぐあと)。

   11月7日、女御となる。(弘徽殿にて)

985年:5月10日、内裏の北の方にある 桂芳坊で御修法(みしほ)(病気平癒願いか? 安産祈願か?)。フツーは女御は内裏内で修法とかしないらしい(小右記)。『平安時代天皇列伝』によれば、桂芳坊は后の空間なので、女御が使ったことが非難されたらしい。

   7月18日、死去。このとき、妊娠7ヶ月。










閲覧数:5回0件のコメント
bottom of page