top of page

藤原頼通 「光る君へ」人物事典045

更新日:2023年12月14日




※α版(2023/12/14)。


藤原頼通(ふじわらのよりみち):渡邊圭祐(わたなべけいすけ)


まずは、NHK公式の紹介を引用して、大河ドラマ上での設定を確認しておきましょう。


道長の嫡男。権力者ののもと、若くして出世していく。しかし政治に興味がなく、には尊敬と反発の複雑な思いを抱き続ける。のちに宇治に平等院を造営する。



摂政太政大臣道長左大臣源雅信女従一位倫子の長男です。

道長と違い、入内させた娘が親王を生みませんでした。


年表

藤原頼通の略年表を示します。年齢は数え年です。


992年:1歳。誕生。

1003年:12歳。元服。

1006年:15歳。従三位

1017年:26歳。3月、内大臣。同3月、摂政(後一条天皇)。

「実権は道長にあり、頼通自身もそれを受け入れていた。」(国史大辞典)

       8月、除目で道長に頼る。

1019年:28歳。3月、道長出家。

       12月、関白。

1021年:30歳。従一位、左大臣。

1023年:32歳。道長に怒られる。

1027年:36歳。道長死去。

1028年:37歳。平忠常の乱。

1035年:44歳。道長に怒られる。(おかしい。再調査)

1036年:45歳。関白(後朱雀天皇)。

1045年:54歳。関白(後冷泉天皇)。寛徳の荘園整理令。

1051年:60歳。前九年合戦始まる。

1052年:61歳。宇治の別業を寺に改めて平等院と号す。

1053年:62歳。平等院鳳凰堂(阿弥陀堂)完成。

1060年:59歳。左大臣を辞す。嫡子師実を内大臣に。(以下の赤字、要確認)

1061年:60歳。太政大臣。

1062年:61歳。太政大臣を辞す。

1067年:66歳。従三后。

1068年:67歳。弟教通に関白を譲る→後三条天皇践祚。

「(後三条)天皇は三条天皇皇女禎子内親王を母としており、頼通をはじめとする藤原氏によって東宮の地位を脅かされていたため、即位後は摂関家の勢力削減に力を注いだ」(国史大辞典)


1072年:81歳。正月29日、出家。

1074年:83年。2月2日、死去。









閲覧数:19回0件のコメント
bottom of page